地震大国日本

日本付近で発生している地震分布
日本付近で発生している地震分布

 

 

日本付近で発生している地震分布。

(気象庁ホームページより)

 

日本周辺では、海のプレートである太平洋プレート、フィリピン海プレートが、陸のプレート(北米プレートやユーラシアプレート)の方へ1年あたり数cm の速度で動いており、陸のプレートの下に沈み込んでいます。このため、日本周辺では、複数のプレートによって複雑な力がかかっており、世界でも有数の地震多発地帯 となっております。

この現実を受け入れなければいけません。

必ず備えが必要です!

防災の基本は自助です。

 "自らの命は自らで守る"です。

一日でも早く対策を講じてください。

正常性の偏見(正常化バイアス)

人は自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう特性があります。

自然災害や火事、事故・事件等の犯罪などといったかの被害が予想される状況下にあっても、都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価したりしてしまい、逃げ遅れ、犠牲の原因となる

実際、東日本大震災では津波避難をめぐる問題として「警戒が出ているのを知りながら避難しない」

人たちがいることが指摘されていた。

実際に、地震発生直後のビッグデーターによる人々の動線解析で、ある地域では地震直後にほとんど動きがなく、多くの人々が実際に津波を目撃してから初めて避難行動に移り、結果、避難に遅れが生じたことが解明された。

家具転倒防止器具のお買い求めは こちらから

ダンパー機能付き制振器具により震災時の社員や家族の生存率を高めます

震度7対応 オフィス・住居の家具転倒防止のご相談は

家具類の転倒防止対策は

☎092-982-7486

「不動王」九州地区代理店

アイシン 防災事業部まで

 

お問合わせフォームはこちらから